システムエンジニアが取得すべき資格

システムエンジニアが取得すべき資格

システムエンジニアとは、システムを開発、運用、保守を行う職業のことを指します。システムインテグレーターと呼ばれる企業でシステム開発が行われており、お客様企業の業務を効率化するためのシステムを作っています。

システムエンジニアという職業には、業務を進めるためのノウハウに加えて、コンピューターやネットワーク、セキュリティに関する知識が必要となります。基本的な知識から専門分野に特化した知識を扱っている資格があります。国家試験では、ITパスポート試験や基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などがあります。ベンダー資格としては、プログラミングの知識、ベンダ製品の専門的知識を認定する試験がいくつもあります。こういった資格を取得することで、自己研さん・スキルアップを図ることができ、仕事に対する知識や理解が広がります。企業側にとっても、社員のスキルアップを促進するために、通信講座の補助や受験料・奨励金をカバーしているところもあります。新入社員に対して、いくつかの試験に合格することを義務付けているところもあります。

試験の内容は、業務の上で使われる専門用語やネットワーク帯域やデータ量の計算方法、セキュリティ知識などが問われます。プログラミング上での文法知識を問うこともあります。受験者たちは、市販の参考書や通信講座を通して勉強を進め、実技試験に対しては実際の業務で経験した知識を活用して臨みます。

Leave a Reply


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*