システムエンジニアのキャリアパスの細分化

システムエンジニアのキャリアパスの細分化

一般的な企業におけるエンジニアのキャリアパスはプログラマから始まり、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとなっていくのが一般的なものであった。今日ではシステムエンジニア以降の仕事がさらに細分化し、多様化する傾向にあることから、将来設計を考える上では自分が希望する職種に今後なれる可能性があるのかということを吟味しておくことが重要になっている。

最近の傾向として現れている職種として次のようなものがある。顧客のビジョンを理解して解決するビジョンや戦略を導き出すコンサルタント、その戦略を実現する情報システムを構築するアーキテクトといった細分化である。そして、それを実際に構成する段階においても専門化が進んでおり、データベース、ネットワーク等に特化したスペシャリストという職種に分類されるようになってきている。多能であることよりも一人一人の特性が生きる狭い領域に個人の仕事をとどめるようになってきているのである。

こういった細分化は一例であり、実際の分類の仕方は企業によって多かれ少なかれ異なる部分があることにも留意することが必要である。もしそういった職種を理解して、自分が担いたい部分がなかったり、複数にまたがる部分を担いたいという場合には転職を考えた方が良いということになる。例えば【やりがい希望!システムエンジニアの苦難】というサイトでも確認できるが、仕事のへの充実感を得るとやがて収入にも繋がります。もしまだ就職する前であれば、実際にエンジニアの話を聞いて企業の中での職種の分かれ方について学んでから就職先を選ぶと選択を誤らずに済むのである。

Leave a Reply


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*